12/21(月)- 12/25(金) 令和2年度 領域研究会をオンライン開催

令和2年度 新学術領域研究「量子液晶の物性科学」領域研究会

 

2020/12/25追記:
第2回QLC若手研究奨励賞受賞者(3名)を決定しました。
2020/12/16追記
聴講登録を締切ました。
全てのご登録者へ会議ID情報の送付いたしました。
2020/12/14追記
全体プログラムrev.1214概要集
ポスターセッションガイドラインrev.1214Remo Users Guide rev.1214を掲載しました。
2020/12/9追記
発表登録を締切りました。
全体プログラム、ポスター発表一覧、を掲載しました。
ポスターセッションガイドライン、Remo Users guideを掲載しました。
2020/11/26追記
発表登録締切日を延長し、若手研究奨励賞の応募受付を締切りました。
2020/11/2追記
掲載内容(ポスター発表の応募上限数、留意点)はこちら_です。

本領域メンバーによる成果報告(口頭発表)に加えて、一般研究者によるポスター発表を予定しています。
若手の発表者の中からは若手研究奨励賞を授与しますので、奮ってご参加下さい。

日程:2020年12月21日(月)~2020年12月25日(金)
会場:オンライン(口頭発表:Zoom、 ポスター発表:Zoom、Remoをそれぞれ使用予定)
言語:発表は日本語(スライドは英語)
参加費:無料
事前参加登録。こちらの Googleフォーム より、各締切期日までにご登録ください。
発表登録締切:2020年11月26日(木)正午 → 2020年12月7日(月)正午 に延長 → 締切りました
聴講登録締切:2020年12月15日(火)正午 → 締切りました

ご登録いただいた全ての方宛に会議ID情報を、qlc_meeting[at]qlc.jpより送付いたしました。
受信されていない場合は、qlc_meeting[at]qlc.jp までお知らせください([at]は@に変更ください)。

プログラム:口頭発表:12月21日(月)~12月25日(金)各日の午前、ポスター発表:12月22日(火)午後
全体プログラム rev.1214(pdf. file)
ポスター発表一覧(pdf. file)
概要集(pdf. file) …要パスワード

参加方法
参加費は無料ですが、事前参加登録をお願いします。

1.聴講のみの場合
こちらの登録用Googleフォームにアクセスし、締切期日までに必要事項を記入のうえ送信して下さい。
聴講登録締切:2020年12月15日(火)  正午

2.発表を希望する場合
本領域メンバーによる成果報告(口頭発表)に加えて、一般研究者によるポスター発表を募集いたします。
こちらの登録用Googleフォームにアクセスし、締切期日までに必要事項を記入のうえ送信して下さい。
それに加えて、下記の「要旨原稿テンプレート」(Wordファイル)をダウンロードし、発表要旨を記入し、PDFファイルに変換したうえで、電子メール添付にて、qlc_meeting[at]qlc.jp に送付してください。([at]は@に変更下さい。)

_【以下、2020/11/2追記掲載】

ポスター発表はおひとり、2件まで可といたします。
但し、その場合、他者のポスターを見る時間が無くなりますのでご了承ください。
また、「若手研究奨励賞」への応募は1件のみです。

・ポスター発表が2件となる場合、夫々のポスター題目にて計2回登録フォームでのご登録を行ってください。
どちらか1件を「若手研究奨励賞」に応募される場合は、該当するフォーム登録の際、「若手研究奨励賞に応募する」にチェックをいれて、その旨明示してください。(2020/11/2追記掲載 ここまで)

発表申込締切:2020年11月26日(木)  正午 → 2020年12月7日(月)正午 に延長 → 締切りました
発表時間:口頭発表は計画班「発表15分+質問5分」、公募班「発表10分+質問5分」、ポスター発表者は「1min. preview presentation」をしていただきます。
言語:発表は日本語(スライドは英語)

※ポスター発表者は、こちらのガイドラインをお読み願います。
_ポスターセッション(12月22日)ガイドライン rev.1214(pdf.file)

※Googleフォームへのご登録完了時に、受付メールが自動配信されます。
会議室URL、パスワード情報は、聴講登録締切後にご登録いただいたメールアドレスに送信いたします。
→ ご登録いただいた全ての方宛に会議ID情報を、qlc_meeting[at]qlc.jpより送付いたしました。
これらのメールが届かない場合はお手数ではございますが、qlc_meeting[at]qlc.jp までご連絡ください([at]は@に変更ください)。

※本研究会でのRemoのご利用につきましては、こちらRemo Users Guide For Poster session at FYR02 QLC meeting (for all participants))rev.1214をご参照ください。
※一般的なRemoのご利用案内はこちら(Remoのサイト)をご確認ください。
※一般的なZoomのご利用案内はこちらをご確認ください。

若手研究奨励賞
大学院生・若手研究者の研究を奨励し、今後の発展研究への動機付けと量子液晶の物性科学の5-10年後のさらなる活況に貢献する人材育成の一助とすることを目的として、若手研究奨励賞(5件程度を予定:応募件数によって変わります)を授与します。

対象:大学院生および学位取得後5年以内のポスドク
必要書類:履歴書および業績リスト(自由フォーマット)、本領域研究会におけるアブストラクト
条件:本領域研究会でのポスター発表

応募する方は、参加申込み時に、登録フォーム中の「若手研究奨励賞へ応募する」欄にチェックをし、上記の必要書類を添付のうえqlc_meeting[at]qlc.jp までご送付ください([at]は@に変更ください)。

必要書類受付締切:2020年11月26日(木)正午
→ 受付を締切りました。受領メールが届いていない場合は、qlc_meeting[at]qlc.jp までお知らせください([at]は@に変更ください)。

第2回QLC若手研究奨励賞の受賞者(3名)を決定しました。

奥村駿さん(東大工)
“Photovoltaic Effect and Second Harmonic Generation in Chiral Magnetic Metals”
佐藤樹さん(東大新領域)
“Observation of antiferromagnetic domain wall motion driven by electric and magnetic fields”
島本雄介さん(大阪府立大工)
“Detection of phonon modes in a chiral spin soliton lattice using broadband magnetic resonance spectroscopy”