公募情報

新学術領域研究(研究領域提案型)「量子液晶の物性科学」の研究概要

領域略称名:量子液晶   領域番号:6101  設定期間:令和元年度~令和5年度
領域代表者:芝内 孝禎  所属機関:東京大学大学院新領域創成科学研究科

近年、様々な固体物質において液晶に類似した電子状態(スピン液晶、電子ネマティック秩序、対密度波など)が観測され、スピン系・強相関金属・超伝導の各分野で独立に研究されている。本研究領域では、このような電子状態がいずれも量子多体効果によって新しいスケールの構造が生じる自己組織化的現象である点に着目し、「量子液晶」という新概念によって統一的に取り扱い、その基礎学理を構築する。また、上記の電子状態にとどまらず、量子流体と呼ばれる系において何らかの対称性を破る状態や、通常の液晶を基に量子効果を導入したものなど、幅広い物質群を量子液晶とみなし、その普遍性と多様性を探究する。
公募研究では、各計画研究とは相補的に、独自の発想に基づく新しい視点を持つ提案を期待する。電子状態についての研究の経験にかかわらず、新しい研究手法の開発を含むものや、量子効果を利用した将来の新技術への提案なども歓迎する。研究項目A01では、量子液晶状態を示す物質を開発・作製し、他の実験研究に試料提供を行う。無機物質系だけではなく、有機化合物・分子性物質や錯体・金属有機構造体などの幅広い物質群の研究提案を広く募集する。研究項目B01では、量子液晶の基底状態と素励起の解明を目指した研究、特に時空間スケールの階層構造に着目した提案などを期待する。研究項目C01では、量子液晶状態やその創発現象に関する理論研究を募集し、他の実験的研究項目との連携を意識した提案が望まれる。研究項目D01では、様々な研究手法を駆使し、量子液晶の制御を目指すとともに、巨視的物性変化を基にした機能を探索する研究を募集する。 異分野研究者の交流を促進するため、共同研究を推進する提案や、無機物性分野以外からの学際的な研究提案も広く募集し、液晶を含むソフトマター、有機物質系、量子情報、応用数学などの研究分野からの積極的な応募を期待する。なお、実験系では、単年度当たり500万円を上限とする大型研究を2件設定する。

研究項目 応募上限額(単年度当たり) 採択目安件数
A01 量子液晶物質の開発 実験系:500万円

実験系:300万円

理論系:150万円

2件

6件

4件

B01 量子液晶の精密計測
C01 量子液晶の理論構築
D01 量子液晶の制御と機能

公募要領等、詳細は下記の文科省HPを参照下さい。
■令和2年度科学研究費助成事業‐科研費‐(新学術領域研究・特別研究促進費)の公募について
http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/boshu/1394559.htm
(公募要領、計画調書のダウンロード)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/boshu/1394561.htm