3/26,27 令和元年度 領域研究会を柏キャンパスにて開催します。

令和元年度「量子液晶の物性科学」領域研究会を下記の日程にて開催します

本領域メンバーによる成果報告(口頭発表)に加えて、一般研究者による発表(口頭、ポスター)を予定しています。若手の発表者の中からは若手研究奨励賞を授与しますので、奮ってご参加下さい。

日時:令和2年3月26日(木)、27日(金)

場所:東京大学柏キャンパス 物性研究所 大講義室

参加費:無料

プログラム

3月26日(木) 10時開始予定  午前 午後 (オーラルセッション、ポスターセッション、懇談会)

3月27日(金)     9時開始予定     午前 午後 (オーラルセッション、若手奨励賞の表彰など)

※詳細は決まり次第お知らせします。

 

参加方法

参加費は無料ですが、事前参加登録をお願いします。

1.聴講のみの場合

こちらの登録用Googleフォームにアクセスし、必要事項を記入のうえ送信して下さい。

〆切:令和2年3月10日(火)  正午

2.発表を希望する場合

こちらの登録用Googleフォームにアクセスし、必要事項を記入のうえ送信して下さい。それに加えて、下記の「要旨原稿テンプレート」(Wordファイル)をダウンロードし、発表要旨を記入し、PDFファイルに変換したうえで、電子メール添付にて、qlc_meeting[at]qlc.jp に送付してください。([at]は@に変更下さい。)口頭発表の希望が多い場合はポスター発表に振り分けられることがありますが、ご容赦下さい。

〆切:令和2年2月28日(金)  正午

申込内容に変更が生じた場合は、電子メールで qlc_meeting[at]qlc.jp までご連絡ください。([at]は@に変更下さい。)
締切日以降の懇親会の申し込みとキャンセルは3月18日(水)正午までにお願いします。

※定員に空きがある場合、当日の参加登録も可能です。

 

若手研究奨励賞

大学院生・若手研究者の研究を奨励し、今後の発展研究への動機付けと量子液晶の物性科学の5-10年後のさらなる活況に貢献する人材育成の一助とすることを目的として、若手研究奨励賞(5件程度を予定:応募件数によって変わります)を授与します。

対象:大学院生および学位取得後5年以内のポスドク

必要書類:履歴書および業績リスト(自由フォーマット)、本成果報告会におけるアブストラクト

条件:本成果報告会での口頭発表またはポスター発表

応募する方は、参加申し込み時に、登録フォーム中に若手研究奨励賞を応募する欄にチェックをし、上記の必要書類を添付しqlc_meeting[at]qlc.jp に送付して下さい。

〆切:令和2年2月28日(金)  正午

 

懇談会

3月26日(木)の夕方に懇談会を開催する予定です(要会費)。